タウリンサプリ

妊娠末期に起こる肝臓障害

妊娠中は母子共に多くの病気を発症する可能性が高い期間です。

中でも妊娠末期に起こる急性妊娠脂肪肝(AFLP)は、10,000?15,000人に1人と発症率は低い病気ですが、急速な肝機能障害を引き起こし、母子が危険な状態に至る可能性が高いものなのです。

初期症状では吐気や嘔吐、食欲低下、倦怠感、頭痛、腹痛など風邪や胃腸の不調に似た症状であるため、診断が難しいといわれています。

重症化すると意識喪失やけいれん、急性腎不全や農相、腸管出血、膵炎、血液に関する機能異常や妊娠高血圧症候群などを合併することもあります。

また、これらの症状から胎児の血液のバランスを崩し危険な状態に陥ることがあります。

これを回避するためには、妊娠している状態を終わらせなければならないため、人工的に出産を行う必要があり、早産となってしまうこともあります。

急性妊娠脂肪肝の発症原因の詳細は解明されていませんが、酸素の代謝異常ではないかという説があります。

 

サイトマップ