タウリンサプリ

肝臓病の症状一覧

症状

疑われる病気

説明

 

黄疸

・肝硬変
・急性肝炎
・胆道系の異常

血液中に胆汁の成分であるビリルビンという黄色い色素が増えるため、白目や皮膚が黄色っぽくなります。

 


 

腹水・むくみ

 

・肝硬変
・慢性肝炎

肝硬変や慢性肝炎が進行すると体内の水分調整ができなくなって、尿の出が悪くなり、お腹に水が溜まったり足のむくみがおこります。

 

クモ状血管腫

 


・肝硬変
・急性肝炎

肝硬変などで肝機能が低下すると、ホルモンの影響が出て、小動脈の血管が拡張するために、前胸部、首、肩、腕などにクモが足を広げたような赤い斑点ができます。

 

手掌紅斑

 

・肝硬変 肝硬変が原因で、手のひらの毛細血管が異常に拡張し、手のひらに赤い斑点ができます。

 

女性化乳房

 

・肝硬変 肝硬変が進行すると、肝臓での女性ホルモンの分解力が低下し、男性でも乳房がふくらんできます。

 

血小板の減少

 

・肝硬変
・慢性肝炎


ウイルス性肝炎が進行した場合、血小板の減少がみられ、出血が止まりにくくなったり、青あざができやすくなります。

 

脂肪便

 

・肝機能低下 脂肪を沢山含んだ食事をしていると肝機能が低下し、胆汁の合成が不足するため、脂肪便(便の色が白い)が出やすくなります。

皮膚の黒ずみと肝臓病

人の顔色は健康を測るためのバロメーターのひとつです。肝臓の病気を患っている場合、皮膚や白目の部分が黄色になることがありますが、黒ずんで見えることもあります。

肝臓は私たちが生きていく上で、重要な役割を多く果たしています。

そのため、肝臓が何らかのダメージを受けたり機能が低下すると栄養素の代謝や老廃物の排出、ホルモンバランスをコントロールすることができなくなります。

私たちの肌は常に新しい皮膚組織を生みだしては古い組織と入れ変わるターンオーバーという機能を繰り返しています。

肝機能が低下すると、新しい皮膚細胞を生みだすことができず、ターンオーバーをスムーズに行うことができなくなるため、顔色が黒ずんで見えます。

また、肝臓はグルタチオンという物質を作りだして活性酸素を除去する役割を持っています。

活性酸素は皮膚組織にダメージを与えて肌のみずみずしさを奪ったりシミや黒ずみを作る原因となるため、さらに皮膚の黒ずみを悪化させてしまうのです。

腹水が溜まってきたら

肝硬変のように肝臓の再生が見込めないくらい悪化した状態になると腹水や黄疸などが出来てきます。

特に腹水が溜まるようになると通院よりも入院での治療が理想です。

なぜなら、この段階までくると、肝臓を安静にすること大切であり、もはや日常生活を送ることさえ肝臓に負担をかけてしまうケースもあるからです。

肝硬変までなると通院の場合病院から様々な規制を通達されます。

塩分量を減らすことや水分を減らし腹水が増えないようにします。
腹水がたまる場合、塩分を尿として排出する力が弱まっている証拠です。

本来ならば様々な薬剤を投じて治療したいところでしょうが、通院の場合腹水に雑菌がたまり発熱や腹痛のリスクがあることも知っておきましょう。

その場合は、抗生剤の投与で危険は回避できますが、もともと無駄に薬剤を投与して肝臓に負担をかけたくないくらいのレベルが肝硬変ですので発症させない入院がベストなのかもしれません。

 

サイトマップ