タウリンサプリ

脂肪肝は生活習慣病のサイン

脂肪肝はその名の痛り脂肪が肝臓に溜まった状態をいいます。
肝臓に脂肪が溜まる?肝臓ってお酒で悪くなるんじゃないの?と思った方もいると思いますが肝臓は脂肪酸を分解する場所ですので、分解ができなければ脂肪酸が肝臓に溜まってしまいます。

そして、脂肪酸の分解を妨げるのがアルコールです。
このようにアルコールと過剰な脂肪は肝臓の働きに負荷をかけることになります。

又、脂肪肝は肝臓が脂肪に溜まりだすほど脂肪が余ってきているというサインでもあります。
つまり、日々の食事の脂肪分の摂取が多いという警告であり、内臓脂肪型肥満、つまりメタボリックシンドロームや脂質異常症のサインでもあることを知っておきましょう。

このように、脂肪肝自体が怖いのではなく、脂肪肝が発する生活習慣病の警告を無視していいると重症化に繋がり、心筋梗塞・脳梗塞になってしまう可能性があるので生活習慣の見直しを行う必要があるのです。

お酒が原因の脂肪肝と肥満が原因の脂肪肝

お酒が原因の脂肪肝の方は、まずお酒を減らすのが大前提として、それ以外でも効果的な方法があります。
まず、、おつまみの選び方です。

アルコールを分解する時必ず肝臓は傷つきます。
しかし、肝臓は自分で修繕する力がありあますが、その時必要になるのがタンパク質です。

その時、大事になってくるのが、ビタミンも一緒に食べる必要があるところです。
これは、肝臓が代謝を行うのにはビタミンがかかせないからです。
ビタミンを補うことで肝臓の働きを良くします。

もちろん、脂質の多いタンパク質を摂取すると、本末転倒ですから、タンパク質なら刺身、冷やっこにたっぷりのねぎなどが最適です。

お酒の締めにラーメンや女子ならデザートを食べるのも脂質や糖分や糖質が多いので×ですよ

次に、肥満が原因の脂肪肝の場合
ダイエットに限ります。
ダイエットがんばるだけで数値がかなり良くなるのが、肥満による脂肪肝です。
肥満気味の人に多いジャンクフード好きは肝臓への負担にもなります。

まずはインスタント類を減らしましょう
食品添加物は体にとっては有害ですので、無害なものに分解するには肝臓に働いてもらう必要があり。
これは、肝臓を酷使してしまいます。

ソルビン酸カリウム・パラオキシン・サッカリンナトリウム、リン酸塩など、残留農薬物など
肝臓に負担をかける薬品が数多くありませすので、無添加のものを食べることが難しくなってきた現代ですが、なるべく添加物を少なくすることはできますので、日ごろの中で注意することで、ダイエットと肝臓を守ることができるはずです。

 

サイトマップ