タウリンサプリ

コレステロール系結石とは?

胆石ができる原因には、いろいろなものがありますが、近年日本国内で急増しているのがコレステロール系結石です。

私たちのからだの中においてコレステロールはなくてはならない成分です。通常は水に溶けやすいように分解され、胆汁に溶け込んでいますが、脂質が高いものやカロリーが高いものを日常的に摂取していると、分解することができなくなってしまいます。

やがてそれらは結晶となって徐々に大きくなって結石になってしまうのです。コレステロール結石の主症状は、胆石発作という激しい腹痛が上腹部や背中の右側に起こることが一般的です。

痛みの時間や程度は人によって異なりますが、1〜3時間程度の間隔で激しい痛みが周期的に起こったり、吐き気、嘔吐が起こります。

治療方法については、薬物療養や衝撃波による破砕療法、胆のうを摘出する方法などいくつかのものがありますが、まずは、動物由来の食品を控えたり、和食中心のメニューを心掛けるなど食生活を見直すところから始めることが第一だと考えられます。

ビリルビン結石とは?

ビリルビンとは血液中に含まれるヘモグロビンの一部が代謝されてつくられた成分で、胆汁や尿と一緒に混ざって体外に排出されるようになっています。

ビリルビンは胆汁に含まれていますが、その成分であるコレステロールや胆汁酸などのバランスが乱れると、胆汁の成分が変化したり、胆道に細菌感染が起きます。これらのことが原因となってビリルビン値が上昇してカルシウムと共に結合して、結石となります。

また、胆汁が排出されずに留まっている状態によって結石を促進させることがあります。

ビリルビン結石は茶色または黒っぽい色をしていることが特徴です。

これらの結石は発生する場所によって病名が異なり、胆嚢結石、総胆管結石、肝内結石と呼ばれています。ビリルビン値のい高い場合には、胆嚢に関する疾患を患っていることもありますが、肝臓のはたらきが低下していることが多いようです。

アルコールの摂取量や疲れなど日頃から改善することができることもあるので、未然に病気を防ぐために配慮すべきことでしょう。

胆石はタウリンで改善できる?

胆石が胆嚢の出入り口などに詰まることで激痛や嘔吐などが引き起こされる胆石発作が症状として知られていますが、いつ引き起るのか分からないことや再発が多いことも不安要素となります。

胆石は、胆汁の成分が何らかの原因のよって石のように固く結合したことによって発生します。つまり、胆汁の成分を標準に保つことができれば、胆石の発生を防ぐことができるというわけです。実は、この作用をもたらすのがタウリンであるといいます。タウリンには血液中のコレステロール量を抑制するはたらきや胆嚢の中にある胆汁酸と結合して、脂肪を溶かすはたらきを持っています。

そのため、コレステロールを起因とする胆石を溶かして、結晶化することを未然に防ぐといわれています。また、タウリンを多く含むイカやタコ、牡蠣は比較的カロリーが低めのタンパク質源でもあるため、胆石が発生しやすい人でも気にすることなく摂取することができますし、サプリメントによって定期的に取り入れやすい成分でもあるため、手軽に胆石予防ができるといえるでしょう。

 

サイトマップ