タウリンサプリ

酒だけが脂肪肝の原因ではない

お酒を飲まなくても脂肪肝と診断される人がいます。
これは、太っているのであれば肥満による脂肪肝の可能性が高いでしょう。
肝臓は、摂取して余った脂肪を蓄えておく貯蔵庫の役割をしますが、肝臓の30%以上を脂肪が占拠すると脂肪肝となります。

ですから、貯蔵している脂肪を使うため、またこれ以上脂肪を肝臓に貯めないようにする為にも脂肪肝の改善にはダイエットが良いというのは本当なのですが、急激なダイエットは、脂肪肝を悪化させる可能性があります。

また、太っていなくても、生活のリズムが悪く、食事の時間に極端なバラつきがあるのも脂肪肝の原因またになるので、毎日の食事の時間は似通った時間が良いです。


もし酒を飲まず痩せているのであれば、あなたは気づいてないかもしれませんが糖尿病の可能性があるのですぐに検査が必要です。
これは糖尿病は血糖値が高くなる病気なので、血液の中の余分な糖が肝臓で脂肪として蓄えられることで、過剰分が脂肪肝になっている可能性があるからです。

さらに、極端なダイエット、拒食症に近い状態でも脂肪肝になります。
これは、極端なダイエットによる栄養不足が中性脂肪を血中に送り出せなくなり肝臓に脂肪が溜まってしまうことで起こる脂肪肝です。

お酒を飲む人に比べ、お酒を飲まない人は肝臓ケアの意識が低い方が多いのですが、お酒を飲まないのに脂肪肝になる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)になる人が増えています。

まだ不明な点が多い病気ですが、中年以降の女性、メタボなどが関係していると考えられ、恐ろしいことに、NASHの2割程度の人が10年後には肝硬変になると考えられています。

ですから、お酒を飲まない方でも日ごろから肝臓をケアしておく必要があるでしょう。
何故なら肝臓は無言の臓器なので・・・

 

サイトマップ