タウリンサプリ 肝臓 脂肪肝 予防

肝臓病の進行の仕方

肝臓病を引き起こす原因は様々です。

・アルコール
・ウィルス
・薬剤
・過剰な脂肪

などがありますが、肝臓は特殊な場合を除き段階をおって悪くなってきます。

@急性肝炎
急性肝炎で治すことができないと
A慢性肝炎に進行します。

慢性肝炎まできても医学の発達により治癒できる患者さんも増えています。
最低でも慢性肝炎までで止めておきたいですね。

さらに進行するとB肝硬変さらにC肝臓がんと悪化する一方となります。

あなたもB型肝炎給付金の対象者かもしれません



なぜ今すぐB型肝炎給付金手続きをしなければいけないのか?

それは・・・

B型肝炎給付金の請求期限が平成29年1月12日までだからです

自分ではB型肝炎給付金の手続きができないのでしょうか?

決して自分でできないわけではないのですが、訴状の作成など
手続きが複雑なため法律の専門家である弁護士に依頼した方が早く確実なのです。

では、B型肝炎給付金いくらもらえるのでしょうか?

最大3600万円の給付金が国から受け取れます。

B型肝炎遺族も給付金がもらえるのでしょうか?

遺族も予防接種台帳や母子手帳によってB型肝炎の感染を証明することができ、国と交渉することが可能です。

肝炎

肝炎とは、その名の通り肝臓に炎症が起きている状態のことをいいます。
肝炎を引き起こしてしまう原因にはウイルスの感染によるウイルス性肝炎が多いようですが、
その他にもお薬の服用によって起こる薬剤性肝炎やアルコールを摂取することで起こるアルコール性肝炎、
免疫機構が異常をきたし、肝臓の機能に悪影響を与えてしまう自己免疫性肝炎といった肝炎もあります。

肝臓はたくさんの働きをもっており、ちょっとやそっとでは機能が低下することはありません。
ちょっと異常があったとしても、自分に自覚させるような痛みなどの自覚症状が出にくく、
肝臓が無理して働いているサインも出てこないので、肝臓に異常があることに気がつきにくいのです。

肝炎を起こすと、その原因にもよりますが黄疸や全身の倦怠感、発熱、頭痛、悪寒や関節痛、
食欲不振などといった風邪のような症状が現れます。
風邪と勘違いしてしまう人もいますが、症状が長引く場合は肝炎を疑いましょう。
肝炎が進行すると、肝がんへ発展する可能性もあるので注意が必要です。

肝炎と仕事

肝炎は安静が一番と医者は忠告します。

しかし、一家の大黒柱がそう簡単に会社を休んで寝ているわけにもいかず
なんとか会社に行って働こうとする方も多いのが現実です。

そこで、慢性肝炎のではなく、黄疸が出ていない、GOT・GPTが安定しているのであればデスクワークであれば通院しながら仕事を続けることを許可してくれる場合もあります。

黄疸がなくGPTが100以下と安定していれば慢性肝炎でもゴルフや水泳を楽しめますのでデスクワークは可能ですね。

急性肝炎と慢性肝炎の境目

肝炎を発症する理由には最近や寄生虫、薬剤など様々なものがあり、それぞれの感染理由に基づいた病名で分類されることがありますが、発症の経過によって急性肝炎と慢性肝炎に分類されることもあります。

急性肝炎は主に肝炎ウィルスが原因となって引き起こされることが多い肝機能障害です。

黄疸、食欲不振、吐気や嘔吐、全身の倦怠感、発熱などが起こります。一般的には自然治癒することが多いとされており、6ヶ月以上の症状が続かないものを急性肝炎と呼んでいます。

肝臓機能障害が6ヶ月以上続くものについては、慢性肝炎と呼んでいます。

慢性肝炎は全身倦怠感、食欲不振など風邪と似た症状や無症状で感染している本人でも気づくことができない場合が多くあります。

そのため、自覚症状が発生した時には慢性肝炎から肝硬変や肝臓がんへと進行していることも少なくありません。

肝炎は適切な治療を行うことで治癒したり症状を緩和することができる疾患です。

また、ウイルスによって発症する肝炎については、他者へ感染することもあるため定期的な検査や診断を受けることが必要です。

肝硬変

肝硬変は、さまざまな原因が重なって、肝臓の細胞が機能しなくなり硬くなることで、
肝臓本来の機能を失って、見た目もごつごつしたようなコブだらけの臓器となってしまいます。

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど、異常があっても自力で回復する作用があり、
痛みなどの自覚症状を感じにくいので、肝臓自体の機能が低下していることや、
肝臓の病気なっていたとしても症状が進行してしまった後でないと気がつきにくいといったように、
病気の早期発見が難しい臓器なのです。

肝臓は、食べ物の消化吸収に関わる働きをたくさん持った臓器です。
なので、暴飲暴食やアルコールの摂取、カロリーオーバーな食事を続けていることで、
肝臓を酷使してしまいがちです。
しかし、それに気がついていない人がほとんどなので、肝臓を労るような生活をしているのは、
肝臓に病気を持った人がほとんどです。
肝臓を長い間酷使してしまうと、やはり肝機能の低下や脂肪肝を招いてしまい、
それが悪化してしまうことで肝硬変へと発展してしまうので、定期的な血液検査などで肝臓の機能が
正常に働いているかを把握しておく必要があります。

肝臓がんの最新医療を紹介

肝臓は70%〜80%切除しても、半年で元の大きさに戻る再生能力が高い臓器です。
ですから、肝臓がんの手術も切除が多いのかと思いきや、反対で、肝臓の病気は手術以外の方法が多く開発されています。

その理由は、肝臓がんの方の多くが肝炎や肝硬変になっている場合が多いからです。
肝臓の病気にかかると血液を凝固するタンパク質を作っているのが肝臓であるため、血液を凝固させるタンパク質を作る量が減ってきます。

すると、出血した時に止血しにくい体になっているのです。
ですから、手術中に出血した場合も止血できず、リスクが高い手術になってしまいます。

また、肝硬変を併発している場合は、すでに肝臓の再生能力はなくなっているので、肝硬変に侵された肝臓を切り取っても、まず元の大きさに戻ることはできません。

しかも、肝硬変という名の通り、肝臓も硬くなり手術ができない状態も多く存在します。

ですから、肝臓病の治療は【内科的局所療法】の研究と【薬物治療】の研究が飛躍的に進んでいます。

内科的局所療法は、ラジオ波焼灼療法・重粒子線療法の方が抗がん剤より有効とされています。
特に、ラジオ波焼灼療法は局所的に癌を焼き殺すため何度も治療ができ、一度の照射で癌を退治できれば
1週間程度の入院で退院が可能です。

癌をピンポイントで退治できる重粒子線療法も体の負担が軽い癌治療として積極的に進めらている治療法です。
但し、全国に施設数が少なく、保険適用外のため1回の治療が300万と高額です。

ウイルス性肝炎とは

ウイルス性肝炎とは肝炎ウイルスによる感染症で、日本人に最も多い肝臓病です。
A型・B型・C型・D型・E型の5種類がありますが、日本人に多く見られるのがB型肝炎とC型肝炎で、
その患者数は300万人を超えると言われています。

B型肝炎とC型肝炎は、ウイルスが違います。
B型肝炎はDNAウイルス、C型肝炎はRNAウイルスです。
どちらも血液によって感染しますが、B型肝炎の方が感染力が強く、性交渉・母子間でも感染します。
しかし、母子感染でない限り慢性化することはなく、肝硬変や肝臓がんにもなりにくい肝炎です。

C型肝炎は、B型肝炎よりも感染力は弱く、性交渉で感染することはありません。
しかし感染した人の約70%が慢性化するといわれていて、肝硬変や肝臓がんへ進展してしまいます。
C型肝炎の感染経路は、輸血や血液製剤での感染がほとんどですが、
現在は輸血用の血液や血液製剤は、高い精度の検査がおこなわれているためまず感染はおこりません。

B型肝炎の原因となっていた母子感染についても、予防接種により現在ではほとんどの出生児に
感染を予防することができており、母子感染の数は大きく減少しています。
また、すでに感染している人に対する治療も研究されており、
1992年以降にインターフェロンという注射薬をベースにした治療が行われていて、
治療が難しかったC型肝炎の多くに高い効果をあげています。
B型肝炎に対して一定の効果がある抗ウイルス薬も登場しています。

肝炎ウイルスの感染は、全国の保健所や指定医療機関などで、血液検査で調べることができます。
知らないうちに誰でも感染している可能性があるので、
一度肝炎ウイルス検査を受けることが勧められています。

 

サイトマップ