タウリンサプリ

肝臓をいたわるお酒の飲み方におつまみ選びは大事

おつまみを選ぶことで、肝臓のはたらきをサポートしたり、負担を軽減することができるということを知っていれば、楽しくお酒を飲むことができますよ。

まず基本は、何も食べずにお酒だけを飲むことは避けましょう。これは胃や腸が空っぽの状態だと、アルコール吸収が早いだけでなく、アルコール分解の原料となるエネルギーが不足してしまうため、肝臓に大きな負担をかけてしまうのです。

では、どのようなおつまみがエネルギーとなるのでしょうか?おすすめしたいのが、ビタミン類を多く含んだものです。ビタミンはアルコールの代謝だけでなく、肝臓の修復をサポートするはたらきもあります。

果糖はアルコール分解を促進する作用があります。これを考慮すると、ビタミンも果糖も多く含んでいる果物や野菜は最適だといえるでしょう。

メインのおつまみにしたいのがタンパク質を多く含む肉、魚、大豆、たまごなどです。タンパク質は肝細胞を修復してくれるので、より良質なものを選ぶといいでしょう。

酒に強くなった=肝臓が強くなった訳ではない

お酒を毎日飲んでいれば、肝臓が慣れてお酒に強くなるというウワサがありますが、本当なのでしょうか?

私たちが酔っぱらうのは、肝臓に運ばれたアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドが血液中に増えることによって発生します。

このアセトアルデヒドを分解する酵素であるアセトアルデヒド脱水素酵素が多ければ、酔っぱらうまで時間を要してしまうため、お酒に強い人であるといえるでしょう。

アこのセトアルデヒド脱水素酵素の量は体質や性別、遺伝などによって個人差があり、生まれ持って決まっているものです。

近年の研究では、体内のアルコール分解速度が速くなっていくという報告もされていますが、いずれにしても、お酒を毎日たくさん飲むことによって肝臓のアルコール代謝機能がが向上するというわけではないのです。

それどころか、過度な飲酒は肝臓の機能を低下させる要因となってしまうため、飲酒の際には適量を心がけることが大切だといえるでしょう。

アルコールは肝臓だけじゃなく膵臓にも悪影響

アルコールに悪影響を与える臓器といえば肝臓をイメージしますが、ここ数年、お笑い芸人がアルコールによって膵臓に関する病気を患ったというニュースを目にすることが多くあります。

実に、膵臓に関する病気の原因にアルコールが関与していることは少なくありません。膵臓は胃の裏側あたりに位置し、たんぱく質や脂質、糖質を消化するための酵素を分泌したり、ホルモンを分泌させて血液中の糖分をコントロールするはたらきを担っています。

発症の30%以上がアルコールに関与したものだという急性膵炎は、過度の飲酒によって膵臓に炎症が起きたことが原因の病気です。

強力な消化酵素が膵臓の周囲にある組織や臓器を消化していくため、壊死や出血が起きて、みぞおちや背中の痛み、吐気や発熱などが起きます。症状が重度化すると血圧の低下やショック状態、意識障害が起こることもあります。

このように、過度な飲酒は肝臓だけでなく、膵臓にも負担をかける可能性があるため、日頃からお酒の飲み方に注意するようにしましょう。

 

サイトマップ