タウリンサプリ

メタボと肥満と密接に関係する肝臓

メタボと診断されても、そこまで肥満ではないように見えるという人も、少なくありません。

身長に対して体重が多いことを肥満と言いますが、肥満の人のことをメタボと呼んでいるわけではありません。

体重を身長の2乗で割った数値のことをBMIと言い、BMIが25以上、腹囲85センチ以上、女性は90センチ以上の場合を肥満と定義しています。

メタボと肥満を同一視している人もいるようですが、両者は定義でも、内容でも、異なっています。

メタボリックシンドロームは別名、内臓脂肪症候群とも呼ばれており、将来、重篤な病気になるリスクが高まることから、早めの対策を取る必要があります。

メタボと聞くと糖尿病、高血圧症、心疾患など、様々なトラブルが起きる要因であると言われていますが、、メタボリックシンドロームが肝臓に悪影響を与えることを知っている人はあまりいません。

肝臓は様々な栄養素を分解して体に取り込みやすいようにしたり、排出したりする機能ですから、過剰な栄養が肝臓を通過すればするほど肝臓は休みなく働かされることになります。

しかも、過剰な脂肪は肝臓に蓄積されていく訳ですから、メタボは肝臓に悪影響を与える以外ありません。

しかし、医師からメタボリックシンドロームだと診断される根拠には、肥満体型であることと、血圧や血糖値、血中脂質が規定値をオーバーしているかどうかです。

肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型があり、皮下脂肪型であればBMIが25を超えていてもメタボとは言いません。

もちろん皮下脂肪型の肥満であっても、高血糖や高血圧症の原因になりますので、改善が必要です。

近年のメタボ対策では、運動療法と、食事の改善が重視されています。

動脈硬化が発生も進展もしないように、体内に不要なカロリーが留まらないようにして、体脂肪率を減らすことを目的としています。


健康保険の被保険者は、40歳を越えると年1回の健康診断を受ける義務が生じます。

メタボ気味の方はコレステロールや中性脂肪はもちろんの事、肝臓の数値もチェックしましょう。

健康な人ほど肥満になりやすい

一般的に体型が太っている人を肥満と呼びますが、健康とは切っても切り離せないものです。

30代からだんだんお腹が出て、いつの間にかメタボ体型になっていたという話は決して珍しくないことです。
糖尿病や、脂肪肝などの身体疾患があると長く生きることが困難ですので、肥満予防はとても大事になります。

健康でいるためには肥満を改善しないといけないと思いつつも、いつまでも肥満でいてしまうという人もいます。

十代、二十代のころはたくさん食べても標準体型を維持できていたという人は、自分の体型は変わらないと思いがちです。

若いうちは、いくつかの条件が複合した結果痩せていただけで、肥満の要因を最初から持っている人もいます。

太り気味の人を見ていると、自分の食べた物を把握しない傾向があります。

若い頃から食事に対して無頓着な人は、年齢と共に基礎代謝落ちたり、運動しなくなってとたんに体重が増え始めます。

食事をする時に、食べ過ぎに注意をするという心構えができていないと、いつの間にか肥満になってしまうことがあります。

どうして肥満になるのかは、自分の中にあります。


そこに目を向けなければ、肥満の解消はできないでしょう。
自分は食べ過ぎていないか、運動量には問題はないかは、若い頃に健康であった人ほど無頓着な傾向があります。
健康を保つために必要な自分の体重はどのくらいなのかを把握し、定期的に体重をはかって、自分の肥満度を確認しましょう。

肝臓のためにも適度な運動で痩せましょう

肥満体型は外観を損なうだけでなく、免疫力を低下させ、病気にかかりやすくします。

痩せることで肥満ではなくなることが、健康な体づくりにも、効果があるといいます。

運動量を増やしてカロリー消費量を多くし、食事量を見直して摂取カロリーを適正にすることが、肥満改善の基本です。ウォーキングや、ジョギングなどの有酸素運動は、体内に蓄積されている体脂肪を酸素と結びつけて燃焼させる効果があると言われています。

筋肉がつくと、有酸素運動による脂肪燃焼効果を向上させることができるので、ウォーキングやジョギングをししつ、筋トレもするといいでしょう。効率のいいダイエットをしたいなら、筋トレによって体に筋肉を増やし、基礎代謝量を増やしましょう。

筋トレには、無酸素運動がいいと言われています。瞬発力を要する運動で、短距離走や、重量挙げがこれに該当します。成長ホルモンは、無酸素運動によってより活発になります。そうなると、血中の脂質がエネルギーとして代謝されやすくなります。

脂肪が燃えやすい体にした状態で、ウォーキングや、ジョギング、サイクリングといった有酸素運動を行えば、より効果的に体脂肪を燃やしていくことが可能です。

有酸素運動をする時に、無酸素運動をしておいて、体脂肪の燃焼率をアップさせるという仕組みです。運動不足な生活をしている人が、いきなり運動を始めても効果は急には出ませんので、まずは体をつくるところからスタートしましょう。

効率的に痩せるためには、まず、体脂肪をエネルギーに変えて消費する体内の機能とは、どういうものかを知るようにしましょう。

体脂肪をエネルギーに変換することは体重減だけではなく、男性の場合、特に内臓に溜まった脂肪が燃えますから、脂肪肝の予防、コレステロール値を下げる方法としても有効です。

 

サイトマップ