タウリンサプリ

ヘパリーゼの効果

ゼリア新薬のヘパリーゼは川平 慈英(かびら じえい)のテレビCMなどでおなじみの肝臓のイラストがラベルになっている滋養強壮のための栄養ドリンクです。
CMの影響かヘパリーゼは、二日酔いや深酒に効果があるアイテムというイメージがありますが、その効果とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

ヘパリーゼは肝臓水解物という豚レバーに酵素を加え吸収されやすい状態まで分解された成分を中心に配合されているのが特徴です。

ヘパリーゼにはドリンクタイプと錠剤タイプがあり、商品によって含まれているものが少しずつ異なります。

ドリンクタイプのラベルには滋養強壮、栄養障害、胃腸障害、病中病後、肉体疲労、虚弱体質、発熱性消耗性疾患、妊娠授乳期などの栄養補給などに効果があると表記されています。

さらに配合されている有効成分によりヘパリーゼ→ヘパリーゼHi→ヘパリーゼキング→ヘパリーゼキングプラスと効き目が違ってきます。
通常このようなタイプのドリンク剤などは清涼飲料水に分類されることもありますがヘパリーゼシリーズの商品には第三類医薬品や第二類医薬品に分類されるものがあります。

これらは第一類に比べると、緩やかに効果を示す比較的安全性の高い医薬品であると位置付けられています。
しかし、薬であることは間違いありません。

ですから、ヘパリーゼシリーズにはコンビニ限定で販売されている薬扱いされていないヘパリーゼアミノのように指定医薬部外品扱いの商品もあります。

さらに、ヘパリーゼシリーズから錠剤タイプヘパリーゼプラスUも発売されました。
これは第三類医薬品に分類される薬です。
妊娠授乳期などの場合の栄養補給としても飲めます。
これはお薬ですが、安全性の高いお薬と言えます。


医薬品としての効果を必要とする場合には摂取する方が良いでしょうが、常時服用し続けることで過剰摂取となって肝臓に負担をかけることも考えられます。
肝臓のために飲んでいるのに肝臓を傷めるなんて本末転倒です。
くれぐれも飲み方には気をつけてくださいね。

ヘパリーゼのCMは→こちら

 

サイトマップ