タウリンサプリ

便秘を予防して肝臓を守る

便はアンモニアを発生します。
便が体内に長く存在することはそれだけアンモニアが腸内に充満している量が増えていることになります。

そんな有毒ガスであるアンモニアを分解するのが肝臓の働きです。
便秘であればあるほどアンモニアは製造されることになり、作られたアンモニアを分解するために肝臓は酷使されていることになります。

これを象徴するように、肝硬変くらいのレベルになると便秘によるアンモニア発生さえ命取になるため医者は患者が便秘をしないよう対策をするというくらいですから、いかにアンモニアの有毒ガスが肝臓を疲労させているかわかります。

そこで、肝臓の数値が悪い人は便秘を予防する必要があるので食物繊維を接触的に食べるようにしましょう

便秘を予防する生活

便秘は男性より女性が悩んでいる症状ですが、女性の方が悩む人が多いのはホルモンの影響があるからです。

だからと言って便秘薬で対処するのは、薬の成分を分解するのは肝臓の役目なので肝臓のために便秘解消を考える方法としてはよろしくありません。

そこで、毎日の生活の中で食生活や運動で腸の動きを改善するのが良いでしょう。

水分をしっかり摂取する事。1日1リットル以上が望ましいです。
そして、便秘解消の定番ですが食物繊維を意識して摂取する事。
玄米にしたり、野菜中心にしたり、納豆も食物繊維が豊富なのでおすすめです。
ウォーキングやヨガ、スイミングなど体調のいい時に行うと良いでしょう。十分な睡眠をとり、スト
レスなどを溜め込まない様にするのも一種の予防法と言えるでしょう。

朝一杯の青汁やスムージーは水分を取りながら、食物繊維も摂取できるのでおすすめのドリンクです。
また、朝一杯の泊湯も腸の動きをよくするというので習慣にするのもおすすめです。

あと、腸マッサージも便秘解消には良いですね。

医師監修の腸モミケア

 

サイトマップ