タウリンサプリ

リポビタンDの効果

「ファイト一発っ!」とタフな男のイメージが印象的なCMでおなじみのリポビタンDは、日本人であればほとんどの人が知っている栄養ドリンク剤でしょう。

でも、その効果は具体的にどのようなものなのでしょうか?
リポビタンDの主要成分であるタウリンは、肝臓の機能をサポートする成分です。

また、細胞膜を安定させたり血液の循環を改善して新陳代謝アップを図ります。
体力的な疲労回復以外にも脳の疲労や精神的疲労や認知機能改善にも効果があるとされています。

次に配合量の多いイノシトールは、生活習慣病の予防や改善、神経機能のトラブル回避、肝脂肪が蓄積されないようにする効果などがあります。

イノシトールと同量を含んでいる無水カフェインは医薬品として用いられることが多いものの、コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインとほとんど変わりはありません。

そのため、眠気防止や疲労感を取り除く役割のほか、鎮痛作用によって偏頭痛などに効果を示します。これらのことから、リポビタンDには滋養強壮や虚弱体質、肉体疲労時、病中・病後の栄養補給に効果があるとされています。ただし、医療品としては認められていないので治療ではなく、あくまでもサポートドリンクといったところでしょうか。

タウリン戦国時代

タウリンと言えば、リポビタミンDがCMのおかげで有名です。
ちなみにオロナミンCやリゲインはビタミンドリンク、タフマンは高麗人参ドリンクなのでタウリンは配合されていません。

タウリンドリンクでリポビタミンDの次に有名なのは、ユンケルかアリナミンでしょうか。
ユンケルはイチロー選手、アリナミンは唐沢さんとそれぞれイメージキャラクターを用いて、頻繁にCMしていますね。
CMはユンケルやアリナミンほど打ってませんが、地味にエスカップも息の長いタウリンドリンクです。

さらに最近は、ビタミン系だったregainにタウリンを配合してMj−リゲインとして販売されています。

ここらが、有名どころのタウリンドリンクですが、CMはしていませんが、ネット通販、ドラッグストアーでの店頭販売を重視することで
広告費を抑えるかわりに、タウリン配合量が多く、しかも安いというタウリンドリンクも多く出回るようになりました。

そこで、滋養強壮を主にうたってきたタウリンドリンクですが、タウリンがもともと、肝臓の数値を回復する効果があるため、二日酔いや肝臓強化という部分も押すようになってきたところ、今度は、ウコンドリンクやヘパリーゼなど肝臓機能回復を狙った商品もライバルになっています。

まさに、タウリンドリンクは戦国時代に入っているようで、以前のユンケルな1000円〜でしたが、低価格〜路線も打ち出しているようです。
消費者にとってはうれしい話ですがね♪

 

サイトマップ