タウリンサプリ

牡蠣が積極的に食べたい食品である理由

「海のミルク」と称され、栄養豊富な食品として知られている牡蠣ですが、実際にはどんな栄養を含み、どのような効果があるのでしょうか?
牡蠣に含まれる栄養素の中で最も注目すべきものは、亜鉛です。

他の食品の中でも群を抜いて含有料が多いため、男性機能アップや薄毛対策、スタミナ回復などを目的に牡蠣を摂ろうとする男性も少なくありません。

次に注目すべきはヘム鉄です。
ヘム鉄は血液の中に存在する成分で酸素を身体のすみずみまで運んでくれる働きがあります。

ヘム鉄は鉄分の中でも吸収力が非常に高く
ヘム鉄は主に肉・魚貝類から摂取できます。
一方非ヘム鉄を多く含むのが野菜(ほうれん草・大豆)です。
同じヘム鉄でも肉・魚に多く含まれるヘム鉄の方が吸収率が良いのが特徴です。
さらに、レモンなどのビタミンCと一緒に食べることで、その吸収力がアップします。

体の生理作用で鉄は非常に重要な役割をしますが、そんな鉄を貯蔵する役割があるのも肝臓です。
ですから、肝臓の働きが悪くなると体の中に鉄を貯蔵しにくくなり、貧血やめまいや息切れに悩む方の原因になる場合もあります。

もともと、牡蛎には多くの鉄分が含まれる上に、肝臓の働きを助ける成分を多く含む牡蛎は積極的に食べたい、おススメの食品だといえます。

牡蛎はお酒が好きな方が食べるべき食品のようですが、貧血やめまいが多い女子、特に生理中は体から鉄分が排出される時期ですので、牡蠣は女子にとってもかかせない食品と言えます。


以上のことから、生理中に鉄分不足で体調がすぐれない女子も、牡蛎エキスがたっぷり入っているタウリンドリンクを生理中だけでも飲むのはオススメです。

特にタウリンとグリコーゲン入りが良く、この2つの栄養素は、肝臓のはたらきを助けて肝機能をアップする効果があります。

その他にも、ビタミンやミネラル、DHAやEPA、カルシウムなどを豊富に含む牡蠣は、積極的に食べたい食品であることは間違いありません。

ただし、牡蛎を食するとノロウイルス感染の原因となることもあるため、旬の時季以外に大量に食べることは避けた方がよいかもしれませんね。

そんなリスクを避けるにもタウリンサプリが安全ともいえます。

 

サイトマップ