タウリンサプリ

ウコン・タウリンの特徴

タウリンはアミノ酸の一種でタウリンそのものが肝臓に有効な成分です。

一方、ウコンはウコンの中に含まれるクルクミンが肝臓に良いと言われている成分です。

ウコンは黄色の粉ですが、黄色の色素がクルクミンでありポリフェノールの一種です。

クルクミンは腸で吸収されるとテトラヒドロクルクミンに分解され、抗酸化物質になります。

一方、アルコール分解は、アセトアルデヒドという有毒物質とともに肝臓で大量の酸化作用が起こります。

その時、抗酸化作用のあるクルクミンが肝臓が酸化で痛むのを防ぐ働きをいします。


さらに、胆汁の分泌増加があります。

胆汁は脂肪を分解するための消化液ですので肝臓が脂肪を分解する時に働きを助けます。
また、胆汁有害物質の分解・解毒の促進をするため、胆汁の分泌が増えるのは肝臓の働きを助けることにつながります。

このように、ウコンもタウリンに負けないほど良い働きを行うには違いありません。

この2つに大きな違いはタウリンはアミノ酸なので、肝臓は唯一の再生機能がある臓器ですが、分解・解毒で傷ついた肝臓が再生する際アミノ酸であるタウリンはそのまま肝臓の修復材料になるということです。

肝臓を守るのにウコンじゃダメなの?

アルコールを好まれるかたにはウコンが良いという話はよく耳にしますよね。年度末などの飲み会が増える時期には大手飲料品メーカーも盛んにウコンドリンクのCMを打って売り出します。
だからウコンの力は肝臓のためのドリンクだということをCMのおかげで多くの人が知っているです。
私の知人も飲み会の前にはウコンの力を必ず飲みます。

では、ウコンの力は何故良いのでしょうか?
これは、ウコンに含まれるクルクミンという成分が肝機能促進効果があり、肝汁の分泌を良くして肝機能の働きをサポートする作用があります。

ウコンは昔から、漢方として肝臓治療薬として飲まれていたものですから、確かに効き目があります。
しかし、ウコンは継続的に服用しないとその効果が表れない生薬ですから、飲み会の前にウコンの力を飲んだくらいでは
ほぼ効果はないでしょう。

それを証明するように、ウコンの力は医薬部外品ではなく、清涼飲料水に分類されています。
いかにも、肝臓に良いようなCMが流れていますが、所詮、清涼飲料水です。
清涼飲料水なのに1本300円弱というのはちょっと高いような気もします。
しかも、これを継続的に飲むとなると1か月にかかる費用は毎日飲んで約1万円です。
同じ1万円出すならもっと高濃度のサプリメントがあるのでそちらを飲んだ方が良いですね。

それなら、タウリン1000mgのリポビタンDの方が医薬部外品ということもあり、まだ効果的ではないでしょうか?
肝臓の機能を高めるタウリンを1000mg摂取することは確実なのですから・・

そんなウコンですが、先にも述べたように、継続的に飲めば、肝臓機能を高めることは可能です。
肝臓だけでなく、美肌効果や内臓の増強にも効果があるとされています。

肝臓にはウコンが良いのか、しじみが良いのか?タウリンが良いのか?と悩まれる方もいらっしゃると思いますが、どれも肝臓にとって力強い成分であることは間違いありません。

また、ウコンですが、肝臓に効果的な成分が多く含まれているのは春ウコンだといわれています。
ウコンのチカラのようなドリンクタイプはわかりませんが、サプリメントでウコンを服用するのであれば、春ウコンを使用しているかどうかは重要ですので
記載に注意して飲むようにしましょう。

健康な体のためにはウコンのサプリメントを

ウコンサプリメントで二日酔い知らずの健康な肝臓と健康な体になることができます。ウコンのサプリメントを試してみたことがあるでしょうか。

ウコンはターメリックとも呼ばれていて、原産地はインドですが、医療用としても用いられていました。二日酔いの症状緩和にウコンが効果的とも言われていて、飲酒の習慣がある人がウコンを好んで利用しているといいます。

ウコンは、二日酔い対策以外にも、健康にいい効果をもたらしてくれます。

ウコンは肝臓に働きかけをする成分として知られており、サプリメント商品にも利用されています。日頃からのケアとして、サプリメントによってウコンを取り入れている人も少なくないようです。ウコンが配合されたサプリメントには、二日酔いを防止するクルクミンという成分が入っています。

クルクミンの特徴として、二日酔いだけでなく、脂肪肝になっている肝臓にも効果があることがあります。

この他、ウコンは食物繊維を豊富に含むことから、血液中のコレステロールを下げたり、お通じをよくする効果が得られます。アンチエイジングや、生活習慣病の予防に効果があることから、ウコンのサプリメントを摂取するという人が増加してきています。

ウコンはカレーなどからも食事として摂取できますが、足りない分はサプリメントで上手に摂取することで健康な体を目指せます。

ウコンの肝臓以外での働き

ウコンの主要成分であるクルクミンにはコレステロール値を低下させる働きがあります。

クルクミンは胆汁の分泌を促す働きがありますが、胆汁の材料がコレステロールですので、分泌の量が増える分だけコレステロールの消費が増えることになり、結果的にコレステロールの値が減ることになります。

又、クルクミンは抗酸化物質なので、紫外線による肌の酸化から守る働きがあります。

肌の酸化は光老化の原因となり、シミ・シワの原因になるため、クルクミンは美肌効果があることになります。

肌だけでなく、人間は生きている限り酸化し続ける存在です。

よって臓器・血管などすべてのものが酸化されてると考えられます。

そこで、強い抗酸化作用のあるクルクミンは健康維持と加齢による劣化を抑える働きがあります。

 

サイトマップ