タウリンサプリ

肝機能を改善する方法

肝機能を高めるためには、まず肝臓を休ませてあげることが大切です。
静かな臓器といわれるくらい肝臓は常に動き続け、痛みなども発することがありません。
ですから意識して休ませてあげなければ働き過ぎで気がついた時には手遅れだということも珍しくないのです。

肝臓を休ませるためには、第一に食べ過ぎないということです。食べ過ぎると肝臓は過剰な栄養を処理しなければなりませんから疲労してしまいます。
高タンパク高脂肪の食事は控えましょう。
特にフライやスナック菓子に含まれる脂肪は肝臓には負担になります。

また添加物が多い食事も解毒作用がある肝臓にとっては負担の大きい食事なので控えましょう。

そして肝機能を高めるためには、大豆製品などの植物性のタンパク質を食べるようしましょう。
またタウリンが豊富に含まれるアサリやシジミなども効果的です。

さらに、食後30分に横になることは肝臓の働きを助ける有効な手段と言われています。
肝臓が代謝や解毒を行うのにかかせないのが血液です。

血液を肝臓にまんべんなく送る一番の方法があおむけの状態で膝を立て頭や肩を少し高くすることでお腹に一番血液が集まる状態を作ってあげると、食後に肝臓が行う代謝の際に必要な血液があるため、肝臓の疲労を軽減するのです。



"

肝機能を改善する成分

タウリン、オルニチン、セサミン、アリシン、クエン酸、レシチンは肝臓にとって優れた栄養素なのです。
肝臓に良いとされている食べ物である牡蠣にはタウリンが豊富に含まれています。
タウリンは肝臓の薬として臨床的にも用いられ、肝機能を回復して、体の細胞を正常な状態に戻してくれます。
しじみも肝臓に良いとされている食べ物でオルニチンを多く含んでいます。オルニチンは機能が低下した肝臓を保護したり、脂肪を分解して脂肪肝を防いだりして本来の働きに戻してくれます。

ゴマに多く含まれているセサミンは悪玉コレステロール値を下げ、肝機能を高める効果があります。
にんにくやネギに多く含まれているアリシンは脂質の代謝をよくし、また解毒作用を促進させます。酸っぱいものに多く含まれているクエン酸は代謝を促し肝機能の改善に大いに役立つとされています。

大豆に多く含まれているレシチンは肝臓内に蓄積した脂肪を溶かし脂肪肝と肝硬変の予防に大きく役立っています。これら栄養素を積極的に取ることで、肝臓を健康な状態に保つことができるのです。

 

サイトマップ