タウリンサプリ

食物に対する肝臓の働き

肝臓は肝臓単体ではなく、肝臓・胆嚢・すい臓の3つで1つの働きをします。

食べ物は胃から十二指腸に送られたあと、肝臓で合成され、胆嚢から分泌される胆汁と膵臓の汁すい液が混ざりあうことで食物の消化を促します。

肝臓の重さは約1200グラム、最も大きな臓器であり「代謝」「貯蔵」「解毒」「胆汁の生成」という重要な役割を担っています。

肝臓で行う代謝とは、食べた食物の栄養分を吸収しやすい状態に作り変える働きのことです。

肝臓の機能が低下してくると代謝の機能が低下するためどんなに栄養豊富なものを食べても体に吸収して利用することができません。


貯蔵とは、糖や脂肪などをその名の通りグリコーゲンという状態で貯めておく役割を担っています。
そして、体にエネルギーが必要になった時、グリコーゲンは再び分解されブドウ糖に変えられ血液を通し全身に運ばれエネルギーとして再利用されます。

だから、私たちが絶食をしても生きていられるんです。

肝臓の代謝は糖質だけではなく、タンパク質・脂質も行われます。
食事から得たタンパク質は腸でアミノ酸として吸収され、肝臓で人間にあったタンパク質に分解され血や肉になります。

脂肪は腸で脂肪酸とグリセリンに分解され脂肪酸は中性脂肪となり肝臓に蓄えられます。
ところが、過剰に摂取すると脂肪肝という肝臓が貯め過ぎた脂肪で包まれてしまう状態が起こります。


また肝臓は、体内に取り入れられたアルコールや食品添加物・薬剤・アンモニアなどを解毒する働きを行います。
この働きは、肝臓にとって負荷が一番大きいとされるので、アルコールを飲む人は休肝日を作った方が良いといわれる理由です。

さらに肝臓には、脂肪の消化・吸収のための大切な役割を果たす胆汁を作ります。
この胆汁が消化された食物と混ざりあうので便が黄色になるのです。
ですから、黄色みを帯びた便が健康な便と言われるのは胆汁が正常に分泌されいるので肝臓も元気に動いているという目安の一つになるからです。

そんな肝臓ですが、他の臓器と大きく異なる部分が肝臓は一部切り取られても再生できるという部分です。
肝移植のために、肝臓の提供をした場合でも、切り取った肝臓は半年もすれば元のサイズに再生しています。
又、移植してもらった側も、通常サイズまで肝臓が復元できます。

これも健康な肝臓だからこそできますので、肝炎が悪化し肝硬変になった肝臓になると再生能力を失い、肝臓としての機能もままならなくなる状態になります。

肝臓は心臓なみに24時間働きっぱなしの臓器と言われるのは、食べた栄養・貯蓄した栄養に関する問題をすべて担っている臓器だかです。




肝臓と胆汁

肝臓には胆汁を作る働きがあります。
その胆汁を蓄える場所が胆のうです。

この胆のうで、肝臓で作られた胆汁は濃縮されます。
そして、胆汁は超の消化吸収の働きを助けるため胆のうから排出される際に通る管が胆管であり、この管が詰まると白い便になるので、白い便の肝臓病のサインと思い、すぐに病院に行きましょう。

よく、肝臓が悪くなると、肌や目が黄色くなる黄疸という症状が出るのも、胆汁の黄色成分ビリルビンが血液の中に流れこんでしまうため起こるため、黄疸の症状がでてくると肝臓がかなり悪い状態と言われるゆえんです。

 

サイトマップ