タウリンサプリ

しじみが肝臓に良い理由

しじみが「生きた肝臓薬」と言われているのをご存知でしょうか?
これは、しじみが低脂肪なので、脂肪の分解を行う肝臓への負担が軽い、さらにしじみの成分に必須アミノ酸多くが含まれている点やビタミンB2、B12、消化吸収を助け健康を維持するのに必要な栄養素を吸収させやすくするので効果が出やすいからです。
さらに、カルシウムや鉄分、ミネラル、ビタミンなど健康を維持するのに必要な成分も多く含まれているしじみは肝臓だけでなく健康維持にもかかせない食品と言えます。

特に、肝臓機能の低下を助けてくれると重宝されている理由は、お酒を飲みすぎると、アルコールの解毒を任されている肝臓の細胞が弱まりますが、しじみに含まれている必須アミノ酸を摂取する事で体内にタンパク質が作られ、弱った機能を改善してくれるのです。

もっと具体的にしじみの働きを言えば、しじみが含むアミノ酸の一つでイオウを含んだ含硫アミノ酸であるメチオニンの働きがあげられます。
メチオニンは毒素を排除する働きがあるのでアルコールを分解したときにできるアセトアルデヒドのような毒素を体外へ排出しようとする働きを高めます。
脂肪の分解を行う肝臓には分解が追い付かないと脂肪肝として肝臓に脂肪がついた状態になります。
メチオニンには脂肪の代謝を助けて脂肪肝を予防する効果があり、この効果は結果的に血中のコレステロール値を下げる働きにつながります。
ですから、肥満気味の方にもしじみはおすすめです。

しじみと言えばオルニチンと言ってお良いほど豊富に含まれていますが、肝臓でオルニチンサイクルという尿素回路によってはたらいて、からだの中の有害なアンモニアを尿素に変えて体外に排出します。
このオルニチンの働きは代謝や解毒作用を頻繁に行い疲れている肝臓への負担も軽減しますが、この働きは肝臓だけでなく体全体の疲労回復効果もあるので、慢性疲労の方や二日酔いでの疲労感が抜けない方にもしじみは是非食べて欲しい食品です。

ただし、肝臓に良いとされいるしじみも、肝臓が再生能力を失った肝硬変まで悪化した場合は摂取を控えるように指導があることもあるので注意が必要です。

パスタや味噌汁、つくだ煮など色々な食べ方があるので、毎日の食事から摂取できると良いですが、カルシウムや鉄分、ビタミンなどを多く含んだしじみエキスをカプセルに凝縮したサプリメントも販売されており、有名人が愛用している事で人気を集めています。


 

サイトマップ