タウリンサプリ

糖尿病にも良いタウリン

タウリンと聞くと肝臓に良い成分というイメージが大きいですが、糖尿病にも効果的なのをご存知でしょうか?
糖尿病と言えば、昔でいう贅沢病、今でいう生活習慣病です。

生活習慣病は、過剰な栄養摂取がもたらす、様々な臓器の劣化からおこる体の不具合ですので、重要な臓器である肝臓の強化は糖尿病の主な原因になる生活習慣病の改善に貢献します。

ですから、糖尿病にも良いタウリンと言えるのです。
では、タウリンが具体的にどのように糖尿病に作用するか説明する前に、タウリンの働きを簡単に知る必要があります。

タウリンはアミノ酸の一種です。
タウリンは体内で心臓や脳、肺、脾臓、骨髄、筋肉などに多く含まれています。

その中でタウリンの働きは、血圧を正常に保つ働き、血中コレステロールの減少に役立ちます。
糖尿病になると動脈硬化がすすみ血管がボロボロになり、血管劣化に伴う合併症が糖尿病の怖いところです。
失明・指先・足先の切断など糖尿病からもたらされる病気ですが、これも血管がボロボロになり、必要な栄養が届かず、神経が壊れる、細胞が崩壊するためにでた症状です。

ですから、血管を元気にするタウリンを服用することは、血糖値を下げるというよりかは、糖尿病による合併症のリスクを緩和するという働きが強くあります。
これが結果的に、糖尿病の合併症の悪化の阻止、心臓の強化、貧血予防、肝臓の解毒作用をサポートするなどと言われています。

タウリンを摂取するには牡蛎・しじみ¥サザエやホタテなどの貝類や魚の血合いなどの食品に多く含まれています。
幸いなことに、タウリンは糖質が多い食品よりタンパク質が多い食品に含まれている傾向があり、さらに、カロリーが高い肉よりカロリーが低い魚介類に多く含まれているのでタウリンで血糖値が急激に上がるというリスクは低い食品が多いです。

魚介類をよく口にする地域の人たちでは、一般的に血圧が低く、脳卒中患者の発生率も低いというデータがあるようです。
これも、タウリン摂取が関係しているのかもしれませんね!
それでも、糖尿病の人の食事管理は寿命を左右しますので、医者に確認しながら、食べ物でなくサプリメントでの摂取が糖分的に抑えられる場合もありますので、
確認しながら、タウリンサプリも飲むようにしましょう。

糖尿病で、魚介が苦手でもサプリメントで補うことだって可能なのでサプリメントで補うのもいいでしょうね!

 

サイトマップ