タウリンサプリ

二日酔いも楽にするタウリンサプリ

肝臓は人間の身体の中で一番大きな臓器で、主に「代謝」「解毒」「排泄」「貯蔵」の4つ働きがあります。

人間が食べたものは胃腸で吸収され肝臓に集められた栄養素は分解、合成されまた体内に送り出されます。
まるで化学工場のような仕組みです。私たちが添加物を口にしても化学作用によって代謝し解毒したものを体内に送り出す機能があるのです。

アルコールも同じく私たちの口から入ると、分解酵素によって解毒されますが、化学工場の処理能力もその人それぞれの違いがあり、アルコール量が同じでもアルコール分解酵素をどれだけ持っているかによって変わってきます。
もちろん容量オーバーになれば色々な症状が出たり、肝臓自体を痛めてしまう事にもなるのです。

特にアルコールは肝臓の解毒作用に負担をかけるため肝臓が疲労を感じてしまいます。
ですから、お酒をよく飲む人がタウリンを服用すると肝臓の疲労回復をもたらすため、二日酔いの症状が出にくいという効果が期待できます。

二日酔いの中で、疲労感が取れないという方にはオルニチンよりタウリンの方が効果的かもしれません。
尚、お酒の影響だけでなく、疲れが溜まっているとか、1日中疲れがとれないというような人にもタウリンサプリはおすすめです。


また、飲み会の前にタウリンドリンクを飲んでおくという方法でもいいと思いますが、タウリンドリンクには糖分が含まれているタイプが多く、お酒も糖質なので
タウリンドリンクを飲むことで血糖値を高めてしまう危険性もありますので、普段の血糖値が高めの方がドリンクタイプを飲むの控えた方がよいかもしれません。

そのような方は、ドリンクタイプではなく、サプリメントを飲んでおけば糖分の心配もなく、毎日飲むころができ、もちろん、お酒を飲みすぎた日の翌日は
二日酔いが軽く済むと思います!ほかに、お酒を飲まない人でも、ストレスによって肝臓に負担も大きくかかるので、睡眠不足や仕事が忙しい人もタウリン摂取はいいと思いますよ^^

血糖値やコレステロールにも変化が出ている人も多いので、タウリンは必要な成分なのでしょう!!
朝起きた時の体の調子が違うって実感できる人も多いみたいですね!栄養ドリンクを飲み続けるよりかはいいと思いますね!今は、たくさんのサプリメントがあるので気楽に摂取できる!

金額もピンキリですが、千円以内で購入できるタイプもあるので手が出しやすいと思いますよ^^

私の二日酔い対策

トマトは二日酔い防止になると聞いたことがあるので、お酒を飲む前に冷やしトマトなどを注文して食べます。

それから、牛乳は胃に膜を張るので、アルコールの吸収を抑える効果があります。牛乳もお酒を飲む前に飲みます。

また、一気飲みはしません。アルコール度数の高いお酒を控えます。飲むとしても順番にゆっくり飲みます。ゆっくり吸収することで悪酔いなどを防ぎます。アルコール度数の高いお酒を飲むときは水や氷、ソーダなどで割るなどして薄めます。

そして、おつまみなどど一緒に摂取します。お酒ばかりではなく、食べ物を積極的に食べると酔いがまわるのが遅いと思います。

それでも二日酔いが心配な飲み会はウコンを飲み会の前に飲むようにしています。

お酒は体内の水分を排出してしまうので、脱水症状になりやすいです。それが頭痛をもたらします。

ですからお酒を飲んでいる時はこまめに水分を摂るようにして、飲酒後のお風呂などは控えるようにします。

上記のことをきちんとすれば二日酔いになることはほぼありません。




Lシステイン配合されたビタミン剤を服用しています。ハイチオールCは一番二日酔いにならないです。

お酒を呑む前に飲んでお酒を呑んだ後にも飲んでます。

二日酔いには本気で悩んでいて他のドリンクは1本単位が高いので呑む度に買っていたら飲み代より高くなってしまうのでビタミン剤を試しました。

ハイチオールCに裏に(シミ、ソバカス、二日酔い)と記載されてる位なのでやはり効果はあります。

二日酔いだけではなく、ビタミン剤なので肌にも風邪防止にもなるので通常から服用しています。

Lシステインのみの商品もありますが金額が高いためやはりハイチオールCを長く服用しています。

ただ、アルコールを分解する手助けをするせいかトイレが近くなりますが二日酔いよりは断然マシなので私は助かってます。

翌日もお酒が残らず快適に過ごせています。

私の知り合いでお酒を呑むお仕事をしている方もハイチオールCは手放せないと話している位なので効き目はあります。

キャベ2とかのドリンクタイプも効きますし昔より断然飲みやすくはなっています。ただやはり記載したように金額が高く毎回購入すると飲み代より高くついてしまうので、ドリンクタイプのものは相当飲んでハイチオールCではカバーしきれないと不安な時に服用します。

あとは呑んだ朝に味噌汁を飲んだり、スポーツドリンクを飲んだりしています。




二日酔い対策として、お酒を飲む前にウコンドリンクを飲んでいます。

お酒を飲みだした頃、友達に勧めてもらい、たくさん飲んだ次の日に影響しなかったのが飲み始めたきっかけでした。

ウコンドリンクは、飲みにくいだろうなという印象が強かったのですが、実際はそうでもなく、栄養ドリンクに似た感じでした。

お酒は強い方ではないので、人付き合いで飲むときは無理をしてしまうこともあり、ウコンドリンクは強い味方です。また他には、牡蠣ウコンエキスが配合されたサプリメントを飲んでいます。

これは、家飲みするときによく飲んでいます。

粒を4錠飲むのですが、次の日は胃がスッキリしていて効果抜群です。粒なので、家族みんなで飲むこともあり、ウコンドリンクより安価なことからよく飲むようになりました。

また、お酒を飲んでいるときは、必要以上に無理をしないようお酒とウーロン茶や水を交互に飲むこともあります。

二日酔いは飲みすぎが原因でもあるので自分でセーブしつつ、ときにはウコンに頼っています。



まず乾杯で少しアルコールを飲んだ後、サラダや枝豆など、野菜をできるだけ早めにとるようにして、腸への吸収を妨げるようにします。

あとは、ちょこちょことウーロン茶やお水などを間に挟み、おつまみやご飯ものなどもしっかりと食事の分量が多くなり過ぎないようにしつつバランスよく食べます。ちょこちょことウーロン茶などの水分を取っていると、自然とトイレも近くなり、水分と一緒にアルコールも排出されると思うので、自分の体と相談しながら水分を多めにとるようにします。

また、お酒の種類はワインや日本酒はかなり回ったり翌日に残ったりすることが多いので、お料理の内容によっては飲みますが、私は普段はチューハイや、焼酎のお湯割りをチビチビ飲むようにして、きつすぎるお酒は自分でもしんどくなるのが嫌なので避けるようにしています。

家に帰るときにはある程度酔いがさめているようにしますし、家に帰ってからも寝る前に白湯やお茶を飲むようにして、できるだけ体内のアルコールを出してから寝るようにしています。




今日はお酒を結構飲むと分かっている時には、ウコンのドリンクを1、2本飲むようにしてます。

あと、お酒を飲み方にも、工夫をします。

お酒を注文する時には、いろんな種類のお酒を飲むのではなく、なるべく同じ種類のお酒を飲むようにします。

ポカリスエットなどのスポーツドリンクと一緒にお酒を飲んだり、

ストローでお酒を飲むのは、酔いが回りやすくなるので注意です。

そして、お酒を飲んだあとに、濃い目の白ねぎの味噌汁(お味噌大匙1に白葱大目をお湯で溶いたもの)を飲みます。

それが作れない時には、濃い日本茶(緑茶)を飲むか、水を多めに飲みます。

基本的に濃い飲み物、塩分多い水分を多めに飲んで、水分と一緒にアルコールを出すようにしてます。

追加で、寝るとき、飲み過ぎた時に、アイスノンなどで、頭、間接を冷やしたりもしてアルコールで火照った体を冷やします。

あとは、ぬるめの温度のシャワーを浴びたりもして、汗を流してスッキリさせます。

そうすると、翌朝、二日酔いにならずにすんでいます。

 

サイトマップ