タウリンサプリ

タウリンとアルコール

アルコールは体内に入ると必ず解毒されるので肝臓に運ばれます。

解毒は肝臓の仕事の中でも肝臓を疲弊してしまう作業ですが、このような時に、胆汁の中でタウロコール酸として蓄えられているタウリンは肝臓の解毒作用を補助する成分として胆汁から分泌されます。

このため、タウリンには肝臓の解毒作用を促進する働きがあると言われるのです。

肝臓が疲労すると体全体も疲れます、お酒を飲んだ翌日疲れが取れないのは肝臓の疲労がたまっているせいかもしれません。

また、アルコールを分解することで傷ついた肝臓が修復するために必要なたんぱく質を分解する働きがタウリンにはあるため、肝臓の修復を早める働きもします。

さらに、肝臓は乳酸の増加を防ぐので、お酒以外の疲労も軽減する働きがあります。

タウリンがお酒で弱った肝臓に効果的な理由

タウリンが二日酔いに効くといわれるのは、アルコールを分解する際に一役かっているためです。

まず、知っておきたいのはアルコールを摂取すると、肝臓に運ばれ分解されます、

肝臓でアルコールは水素とアセトアルデヒドに分解されます。

やがて、アセトアルデヒドは水素と酢酸に分解されて、最終的に炭酸ガスと水になって、からだの外に排出されることとなります。

タウリンは酵素を活性化して胆汁分泌量を増加させます。

その際に酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解をサポートするため、酔いに効果があるとされています。

二日酔いの朝には、タウリンを豊富に含むシジミの味噌汁を飲むとよいといわれますが、それよりもお酒と一緒にタウリンを含む貝類、タコ、イカなどをつまみにした方が効果的だとされています。

肝臓にとってアルコールは毒ととらえられているので、体内にアルコールが入ってくると、代謝などの仕事を後回しにして毒を無害なものにするため働きます。

本来、肝臓は細胞の再生ができる臓器ですが 働き過ぎると肝細胞の再生が壊死に追いつかなくなり肝臓が弱ってきます。

ですから、お酒を原因とする脂肪肝、アルコール性肝炎は禁酒によって回復しますが、肝硬変になるまで飲んだ場合は元に戻ることは困難です。


アルコールの分解で疲れ果てている肝臓を労わるためにも積極的にタウリンを摂取することをおススメします。

タウリン自体がアミノ酸ですので、傷ついた肝臓を修復するための原料となるのもタウリンの利点です。

タウリンサプリの肝臓への効果体験談

私の家族は毎日晩酌をしないと眠れない家族で、父、母、私も飲みます。

私の場合飲む量も日に日に増えていってます。
なので肝臓にはかなりの負担がかかってると思います。
しかも、以前より酒の飲む量が増えて、なおかつ休まずに飲んでいるので、肝臓の数値は気になります。

だから 最近、健康診断に行っていたときでも、少し肝臓の数値が高かったことに焦りました。

そして決定的だったのが 私の友人は、飲み屋さんで働いていて、やはり数値が上がったままで体調を崩してここ最近ずっと点滴を受けてる状態でした。

友人が体調を崩した時は顔色もどす黒くなり 吐きけもしていました。
ひどければ入院?

そんな友人を見て肝臓は気になるけど私の毎日の晩酌は、やめれません。
毎日飲んでも肝臓が悪くならない方法があって毎日簡単に続けられるような物かなんかあったらなと思い検索したところ、オルニチンサプリとタウリンサプリが良いということを知りました。

オルニチンとタウリンどちらにしようか迷いましたが、私は二日酔いはないので、肝臓機能を高めるというタウリンの成分が多く入っているサプリにしました。
今ではお酒を飲む前にタウリンサプリを飲むようにしています。


お酒の肝臓へ悪影響



お酒に強い弱いは肝臓に存在する酵素の強弱によるものです。

元々飲めない人や長年の飲酒家がいつもの倍量のお酒を1週間飲み続けた場合、肝機能が急激に悪化してアルコール性肝炎になる場合があります。

症状としては黄疸、だるさ、食欲低下、肝臓の腫れなどがあります。

採血検査ではGPT・GOT・ガンマ-GTPの上昇、アルブミンの低下が見られます。

禁酒4週間後に測定したGPT、GOT、ガンマ-GTPが基準値まで低下し肝臓の腫れが引いていれば肝炎の原因がアルコールだったと診断できます。


最近お酒を飲み過ぎてるな、だるさが取れないな、という場合は肝臓が疲れていることが考えられます。 ガンマ-GTPを下げるサプリやオルニチンサプリメントなど、生活に取り入れて、肝臓のケアをしていきましょう。

 

サイトマップ