タウリンサプリ

生活習慣病が予防できるタウリン

現在、日本国内には約3000万人を超える高血圧症の人がいるといわれています。
さらに生活習慣病の人は4人に1人ともされ、そのポイントとなるのが、血管の劣化だといいます。

生活習慣病の代表的な疾患といえば、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満などがありますが、これらのほとんどが血管や血液の流れと深いかかわりがある血管病なのです。

そもそも血管は私たちのからだの隅々に張り巡らされている臓器のひとつであり、からだ中の器官をつないでいる重要なパイプラインです。
このパイプラインに異常がみつかれば他の器官に影響があらわれることは避けることができません。

血管を健康に保つことこそ、多くの疾患から身を守るということです。
そこで取り入れたいのが血管系疾患を予防することができるといわれているタウリンです。

さらに、動物性脂肪の摂取の抑制、軽度の運動、質の良い睡眠、ストレス軽減 適正体重維持のためのダイエットなど生活の質の改善を行うことで血管系疾患を予防し、生活習慣病をも防ぐことができると考えられるのです。

タウリンのコレステロール値を下げる効果

コレステロールが高くなる脂質異常症は血液中の脂肪やコレステロール、中性脂肪が増加するものの初期段階では全く自覚症状がないものです。

脂質異常症の自覚症状が出たときにはすでに、心臓や脳、下肢の動脈硬化が進み脳梗塞や脳動脈疾患、狭心症、心筋梗塞などを突然引き起こしてしまうことがあります。

原因としては、高カロリー高脂肪などの食生活、甲状腺機能障害などの内分泌製によるもの、糖尿病や肥満症など代謝異常によるもの、慢性腎不全などの腎疾患によるものなどがあげられます。

肥満には内蔵型と皮下脂肪型がありますが関連性が高いのは内蔵型肥満です。
脂質異常症は12時間以上食事をとらずに採血し、血液を検査します。
治療は食事療法と運動療法で、それでも改善されない場合に薬物療法となります。

このような脂質異常症はコレステロールを下げる効果のあるタウリンがおすすめです。
特に肥満で脂質異常症ならば、肝臓に相当な不可をかけているためタウリンで肝臓機能回復するとよいでしょう。

タウリンの高脂血症への効果

高脂血症というと、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加することによって動脈が本来持っているしなやかさを失う動脈硬化を引き起こし、やがて心筋梗塞や脳卒中など、命にかかわる重篤な状態を引き起こしてしまうリスクが高くなる症状です。

最近では、脂質異常症とも呼ばれ、さまざまな病気や生活習慣病を併発することでも知られています。高脂血症によって引き起こされた動脈硬化は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こ原因にもなります。

そんな高脂血症のリスクを低下させることができるのがタウリンです。タウリンには高脂血症の原因となるコレステロールを分解して体外に排出する効果があります。

この作用によって、必然的に血液中のコレステロール値が低下し、高脂血症を改善することとなります。高脂血症の予防には運動療法や食事療法、薬物療法などの方法があります。

これらの方法と同時にタウリンの摂取を心掛けることによって、改善のきざしも早く体験することができるのではないでしょうか?

お酒とメタボのリスクの関係

アルコールは適量の摂取であれば、百薬の長と言って、体に良いとされます。

しかし飲み過ぎは、健康に悪影響を及ぼします。

とくに、アルコールの多量摂取はメタボを引き起こす大きな原因となっているのです。

メタボの危険因子とされている血糖、血圧、脂質異常。

血糖ですが、お酒を飲むと肝臓から糖分が血液に出て、血糖値が上昇します。

適量の飲酒だと血糖値を下げるインスリンの効き目が良くなると言われていますが、多量の飲酒では、インスリンの効き目が落ちたり、インスリンの出が悪くなり、血糖値が上昇した状態になってしまい、メタボのリスクが高くなってしまうのです。

次に血圧ですが、お酒には血管を広げる作用もあるため、一時的には血圧を低下させる効果があります。しかし、長期間飲み続けると血圧は上昇し、高血圧の原因となり、メタボのリスクを高めてしまうのです。

そして、脂質異常は、多量の飲酒は肝臓での中性脂肪の合成を強める働きがあります。

それにより血液中の中性脂肪値を上昇させ、メタボのリスクを高めてしまうのです。

命に危険をもたらすメタボ

メタボの診断基準は、高脂血症、高血糖、高血圧のうち2以上当てはまり、さらに内臓脂肪型の肥満であれば該当となります。

内臓脂肪は動物を飢えや寒さから守るために必要なものですが、過剰に溜まるとサイトカインという体にとって有害な物質が発生してしまいます。

サイトカインによって、血管の内側の細胞が傷つき、かさぶたができてしまいます。
これが動脈硬化です。

動脈硬化が起きると血管を破いたり、血流を悪くしたりします。
動脈硬化は体のあらゆる部分で起こりますが、心臓で起これば心筋梗塞、脳で起これば脳梗塞で、重篤な状態を引き起こす恐ろしい病気なのです。

メタボであるということは、サイトカインが常に発生し続けて、血管を相当傷つけているということになります。

命の危険性がある動脈硬化がいつ発症してもおかしくない状態と言えるでしょう。
メタボは生活習慣の悪化によって引き起こされます。

まずは食生活の見直し、運動不足の解消で、生活習慣を改善させることから始め、脱メタボを目指しましょう。

脂質異常症とアルコールの関係

脂質異常症の改善には生活習慣を見直す必要があります。

その為、治療には食生活の改善と運動習慣を身につけることから始めます。

食事の面では、栄養バランスのよい食事を心がけることや、摂取する脂肪の種類など制限されます。


そして、毎日お酒を飲んでいる方はアルコールも制限されます。

アルコールにはコレステロールも脂肪も含まれていませんので、制限する必要があるのかと疑問に思うかたもいるかもしれませんが、治療の際は必ず禁酒を勧められます。

というのも、アルコールは高カロリーですので、取り過ぎると肥満やメタボになる危険性が高くなります。

アルコールを飲む時に食べるつまみも案外高カロリーのものが多く、さらに摂取カロリーを高めてしまいます。

また、体内に入ってきたアルコールが中性脂肪の合成を促進させたり、分解を抑える作用があるためです。

こういったことから、アルコール摂取は動脈硬化を引き起こす原因でもあるのです。

適量であれば体によい効果をもたらすアルコールでも、脂質異常症の場合は動脈硬化を促進させる危険因子なのです。

 

サイトマップ