タウリンサプリ

漢方にも利用されているタウリン

タウリンは、古代中国では【牛黄】と呼ばれ、不老長寿の薬・万病に効く薬として漢方薬として重宝されていました。

【牛黄】は牛の胆石です。
草が主食の牛に胆石ができる訳ですから、見つけるのはそう簡単ではなく、当時牛は千頭に一頭しか胆石を持つ牛はいないとされていました。
だとすれば、当時どれだけ牛の胆石である牛黄が貴重な存在だったかお分かりいただけると思います。

当時の人が胆のうから分泌される胆汁から発見された胆石にタウリンが豊富に含まれているから万病に効いているとは知らなかったでしょうが、偶然の発見であるタウリンは私たちの健康維持に欠かせない成分です。

このように、漢方薬として重宝されていた【牛黄】はタウリンが豊富に含まれていることになります。
この【牛黄】今でも高血圧や脳卒中や肝機能障害の薬として中国の人に服用されています。
しかし、現代でも牛黄は希少な存在で、昔より環境が良くなっている牛たちはよ胆石になりにくくなっているそうですので貴重な漢方薬であることは変わりないようです。

そんなタウリンは牛だけでなく人間も体の中で作り出すことができるのですが、体で作り出される量では健康維持をまかえないことがわかっています。
つまり、食物で摂取する必要があるということなのです。

さらに研究が進みタウリンには強肝解毒作用があるということがわかり、日本では漢方薬【牛黄】よりも
魚介類から豊富に取れる成分だという認識が高く、肝臓機能回復のために積極的にとっている方が多くいます。

日本が長寿大国であることはご存じですよね、これもタウリンを豊富に含む、貝・魚を摂取する日本人の食生活に関係していると考えられています。
海に囲まれた国、日本ならではの食文化が私たちの寿命を伸ばしているのです。

日本で、長寿の件を探していくと沖縄県があがります。
周りを海に囲まれ確かに魚を多く食べる地域です。
さらに、長寿が多い市町村を探していくと、海の近くにある市町村が多いこともタウリンを多く含む魚介類を摂取する機会が多い地域と言えます。

又、このような現象は日本でなく世界も同様で、例えば、食は広州にありと言われている中国の広州、こちらも、魚介類を豊富に食する地域です。
この地域もやはり、長寿な地域になっています。




 

サイトマップ