タウリンサプリ

タウリンとアミノ酸

よく知られていることではありますが、人間の身体はその6〜7割が水分から、
そして2割が筋肉などのタンパク質から構成されています。
ですから、まずは水がとても重要になりますが、その次に大事なのはタンパク質ということになります。

ところでタンパク質は何からできているかというと、実は20種類のアミノ酸から構成されているのです。
つまりアミノ酸は私たちの身体そのものを構成する非常に重要な要素ということになるのです。

筋肉だけではなく、内臓、血管、皮膚、私たちの身体のありとあらゆる部分が、これらから作られているということになるのです。
ですから私たちにとってアミノ酸は欠くことのできない極めて重要な栄養素であると考えることができるのです。

そしてタウリンはアミノ酸の一種です。

タウリン=肝臓というイメージが強いですが、肝臓以外の内臓だけでなくタウリンは血管・皮膚まであらゆる所にアミノ酸という形で必要とされる成分になっています。

アミノ酸の肝臓の疲労回復作用とは?



アミノ酸にはいくつかの種類があり、例えばロイシンやイソロイシン、バリンといったものは
筋肉を動かすエネルギー源となり運動をすると消費されます。
効果的に疲労回復をするのならば、運動直後に補給することが有効です。

また運動によって傷ついた筋肉を修復するアミノ酸の種類としてアルギニンという成分があります。
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあり筋肉を効果的に修復し成長させることができまます。

また運動中に消費されることがわかっているのですから、
運動前にアミノ酸を補給しておけば運動中に失われる量を少なくすることができます。
また、筋肉痛などを抑えることが期待できますし、疲れにくくなるという効果もあります。

肝臓の疲労回復に適しているのがオルチニンというアミノ酸です。
オルチニンはシジミや青魚などに含まれるアミノ酸で、このオルチニンを摂取すると、腸で吸収され、肝臓や腎臓などに運ばれます。
オルチニンには人間にとって重要な役割を果たしている物質の生成を妨げてしまうアンモニアを解毒する働きがあります。

また、成長ホルモンの分泌を促進する働きもあり、成長ホルモンは特に蓄積した脂肪分を
分解する作用があると言われていますので、脂肪肝を予防することにもなりますし、
また、肝臓の疲労回復に有効であることが分かります。

アルコールの摂取や脂肪分の多い食生活、また生活習慣で低下しがちな肝機能を正常な状態に近づけるためには、
オルチニンは非常に有効なアミノ酸であると言えます。

 

サイトマップ